HOME
DM学会について
支部
研究部会
論文投稿
イベント案内
  枝02
全国大会
  枝02 DMフォーラム
  枝02 イブニングセミナー
  枝02 海外研究者フォーラム
  枝03 研究プロジェクト
学会賞
出版物
学会員活動情報
ENGLISH

 入会のご案内 入会のご案内
 


 

■第17回全国研究発表大会 大会概要

2018年6月30日(土)、日本ダイレクトマーケティング学会における第17回目の全国研究発表大会を開催いたします。今年度は、慶應義塾大学矢上キャンパスにて開催いたします。
今大会が研究発表の場として充実した大会になりますよう、大会運営委員一同、余念の無いよう準備をしておりますが、学会員の皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

日本ダイレクトマーケティング学会


大会テーマ

AI時代の人とデータの協働〜データ解析が切り開く未来〜

 第17回の日本ダイレクトマーケティング学会全国研究発表大会の統一論題として「AI時代の人とデータの協働〜データ解析が切り開く未来〜」とさせて頂きました。最近、ビッグデータ、データ・サイエンスというキーワードを耳にすることがあるかと思います。統計学の関連本がベストセラーになり、深層学習(Deep Learning)も世間で話題になるなど、データの活用がかなり注目されています。情報技術の進化により、ビジネス、行政、医療、スポーツなど様々な分野で、大量で多様なデータが取得できるようになり、それらのデータを活用して価値のある情報(ビジネスにおいてはお金になる情報)を抽出し、アクションにつなげたいということです。ビッグデータ、データ・サイエンスの活用は、「事実に基づく管理」を行っていることになります、Direct Marketingや通信販売においては、かなり以前から、顧客の属性や購買履歴データに基づき、効果的で効率的な販売促進の施策作り、実施がされております。
 しかしながら、現場において活用するためのデータ解析が実践できない、実践できる人材、いわゆるデータ・サイエンティストが不足しているという声がよく聞かれます。利用価値が高い結果を得るためには、情報技術、統計解析、対象領域の要素について、それぞれの知識・スキルを統合して、データ解析を実践していくことが求められます。
 Direct Marketingや通信販売の分野においても、AI技術を取り込みながら、目的指向のデータ解析プロセス、そのことを実践できる人材育成や組織を体系化し、革新的なサービスと顧客価値創造を行っていくことが望まれます。そのため本大会におけるテーマとして、統一論題に示す内容を設定させて頂きました。本大会において活発な議論が行われ、今後のDirect Marketingの発展に繋がる新たな研究テーマやフレームワーク開発に広がって行くことを願っております。

大会運営委員長 鈴木 秀男(慶應義塾大学)


プログラム

研究発表は、3つの教室で開催する予定です。各研究発表は、発表30分・質疑応答10分で行われます。(タイトルをクリックすると詳細が表示されます。)
 ※()印が当日の発表者となります。
時間
第二会場
(14棟創想館 西館2階
セミナールーム3)

第三会場
(14棟創想館 東館2階 DR6)

9:30-
受付開始

10:00-10:40

ダイレクトマーケティングによる地方からの市場導入と地域産業基盤への貢献

(株)アサツーディ・ケイ 岩永 洋平(*)

マーケティング・システムの理論的枠組みの変容:マーケティング史からの接近

東京理科大学 大驛 潤(*)

通販媒体の記載事項に関して通信販売業者に求められる確認措置とは?
―研究プロジェクト報告―

(株)エフシージー総合研究所 矢野 誠二(*)

10:50-11:30

ダイレクト・マーケティングに対するマネジメント・コントロールの役割

横浜国立大学 君島 美葵子(*)

中国人観光客の旅行購買分析―札幌での質問票調査の結果―

北海商科大学 橋元 理恵(*)/生活協同組合コープさっぽろ ウ ヤチュン(*)

通信販売業の後払い決済における代金回収管理評価方法に関する研究

HAZS(株) 東 弘樹(*)

11:40-12:40
休憩(理事の皆様は理事会にご出席ください)

12:50-13:00

【会長挨拶】(14棟創想館 東館B2階 MMR)
13:00-14:00

【記念講演】(14棟創想館 東館B2階 MMR)
世界経済を見る視点

登壇者:
元国際通貨基金(IMF) 副専務理事        
篠原 尚之氏

14:10-15:10

【基調講演】(14棟創想館 東館B2階 MMR)
統計学からデータサイエンス、そしてその先へ

登壇者:
横浜市立大学 データサイエンス学部 学部長
岩崎 学氏

15:20-16:20

【特別講演】(14棟創想館 東館B2階 MMR)
本当に価値を生み出すためのデータとDMの関係

(株)データビークル 取締役 CPO
西内 啓氏

16:30-17:30 総会(14棟創想館 東館B2階 MMR)
17:40-19:20 懇親会 (14棟創想館 東館7階 フォーラム)

参加申込方法

参加ご希望の方は、必ず以下のいずれかの方法でお申し込みください。(当日参加はできません)

  1. 大会申し込み専用フォームより送信(別ウィンドウが開きます→
  2. 申込用紙(ワードファイル→)をダウンロードしてFAX又は郵送

参加費

大会参加費
DM学会正会員・賛助会員:
5,000円
       
特別会員(学生会員):
2,500円
       
一般:
6,000円
       
           
懇親会費  : 4,000円
           
※DM学会賛助会員は1口(会員口数)につき同伴者2名まで大会にご参加いただけます。その際は、同伴者様のお名前を事務局までお知らせください。(懇親会費は別途頂戴いたします)

申込/振込締切日:6月25日(月)
 ※恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください

一般の方は、6月18日(月)までにお振り込みいただければ、早期割引として5,000円となります。
※いったん振り込まれた大会参加費・懇親会費等は返金できません。
※大会当日の現金によるお支払いはご遠慮ください。


●銀行振込 みずほ銀行 新橋支店 口座番号:普通 1762650
  口座名:日本ダイレクトマーケティング学会

※FAXまたはホームページからの送信データの受領を持ちまして申込み受付とし、参加票等はお送りいたしません。なお、当日欠席された場合は返金できません。また、未納で当日キャンセルの場合は、会費・懇親会費等を請求させていただく場合がございますのでご注意ください。

第17回全国研究発表大会パンフレットダウンロード


お問合せ

日本ダイレクトマーケティング学会事務局
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町3-2 リブラビル2F
TEL:03-5645-2400/FAX:03-5651-1199
e-mailでのお問合せはこちら



トップページへ
Copyright(C)2001-2016,The Japan Academic Society of Direct Marketing